ドラマ視聴率&あらすじ まとめサイト

様々なドラマの視聴率やあらすじをまとめていきます。 「あのドラマの視聴率は?」という時に…。

*

「CRISIS クライシス」1話の視聴率とあらすじネタバレは?

   

クライシス 視聴率

2017年4月期のドラマがいよいよスタートし始めました。

4月11日、先陣を切って放送されたドラマは、

西島秀俊さん、小栗旬さんらが出演する

「CRISIS クライシス 公安機動捜査隊特捜班」です。

今回はこのドラマの1話視聴率や、

そのあらすじやネタバレ情報をまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク




 

 

「CRISIS クライシス 公安機動捜査隊特捜班」1話のあらすじネタバレは?

クライシス 視聴率

4月9日。

文部科学大臣の岡本と共に、

公安機動捜査隊特捜班5人が新幹線に乗り込みます。

爆破テロが計画されているという情報を受け、

その犯人を捜すためです。

田丸(西島秀俊)はある男の隣に座り、拘束、

持ち物を調べるとそこには爆弾が入っていました。

しかし犯人はもう1人いるようです。

 

稲見(小栗旬)が乗客の動きを見ていると、

携帯が鳴っているのに出ようとしない男に気付きます。

男に近づいた稲見でしたが、男はナイフを取り出して稲見に向かいます。

男を拘束した稲見は持ち物を確認、するとそこには爆弾が。

しかも時限爆弾が爆発するまでの時間は残りわずか…。

稲見は走行中の新幹線を緊急停止させ、

犯人もろとも川へ飛び降りるのでした…。

 

公安機動捜査隊特捜班のメンバーが様子を伺っていると、

川から犯人を連れて出てきた稲見。

稲見はメンバーたちに手を振ってこたえました。

 

そして4月10日。

宇田川(白州迅)という男が、

首に爆弾を取り付けられた状態でとある広場にやってきます。

宇田川は過去に様々な犯罪を起こしていたのですが、

外務大臣を務める父親の絶対的な力によって、

そのすべてをもみ消されて今日まで生きてきていました。

宇田川に爆弾を取り付けた犯人は、

19:00までに宇田川の父親に謝罪させることを要求しています。

…犯人逮捕のために動き始めた公安機動捜査隊特捜班。

 

公安機動捜査隊特捜班が現場につくと、

そこは既に警察によって包囲されている状況でした。

先に来ていた捜査一課の星野は、

吉永(田中哲司)に余計なことはするなと忠告しました。

宇田川をかなり遠くから見ている状況でしたが、

どうやら1メートル以内に近づくと爆発すると言っているようで、

妙な動きをすると爆弾に仕掛けられた警告ランプが点滅する仕組みになっているということです。

 

双眼鏡で爆弾を確認した樫井(野間口徹)は、

2分もあれば爆弾は取り外すことができると言いますが、

近づくための方法がありません。

しかし、宇田川の首につけられた爆弾は、

つけるためには時間がかかるものらしく、

宇田川は犯人に捕らえられ、爆弾を取り付けられたのではと推測します。

 

その後、宇田川が、

許可が出たので水をくれと声をあげます。

宇田川に水を運ぶ役目になったのは田丸。

田丸は宇田川に水を飲ませながら犯人の情報を聞き出していきます。

そして宇田川は最後に、

佐川智弘に話を聞いてくれと田丸に伝えるのでした。

 

すぐに佐川の元へと向かう田丸と稲見。

稲見はそれに気づいて逃走を試みましたが、

田丸と稲見によってあえなく身柄を拘束されてしまいます。

時間は16:00。

吉永が佐川から話を聞きましたが、

どうやらかなりの人数の女性を暴行し、その事実をもみ消してきたようです…。

犯人はその被害者の関係者と考えられますが、

それを洗い出すには時間がなさ過ぎました…。

 

しかしそこでふと稲見が、

宇田川を広場に放った理由を考え始めます。

稲見は大山(新木優子)に調査を頼み、

鳥越ミエという若い女性が、

宇田川らに暴行された後、自殺している事実を突き止めます。

 

タイムリミットの19:00が迫る中、

宇田川の携帯に父親からの着信が。

しかし電話を切った後、宇田川は激しく動揺した様子で叫び始めます。

広場を囲んでいた警官たちが下がっていく中、

1人残っていた警官がスイッチを押そうとしています。

その警官に「鳥越さん」と声を掛ける稲見。

警官は自殺した鳥越ミエの父親でした。

稲見の視線の先には、公安機動捜査隊特捜班のメンバーが宇田川を囲んで

爆弾を取り外そうとしています。

 

稲見は、こんなことをしてもどうせ真実は隠蔽される、

思いを遂げたいならすぐにスイッチを押すべきだと、

鳥越を焚き付けるような発言を繰り返します。

そして鳥越は爆弾のスイッチを押そうとしますが、

寸前のところで樫井がコードを切ることに成功していました。

 

計画は失敗し、落胆した様子の鳥越。

しかし鳥越は、今回の計画は自分が立てたものではなく、

平成維新軍と名乗る者たちによるものだったと告白します。

稲見は遠くからこちらをじっと見つめている若い男に気付きますが、

すぐにその男はどこかへ行ってしまいました…。

そして後日、平成維新軍から国家への挑戦状が叩きつけらるのでした…。

 

逃げ回る男性を追い詰めるガスマスクの男。

必死に命乞いをする男性をためらうことなく撃ち殺したのは、

何と稲見でした…。

 

1話の視聴率が凄い!?

クライシス 視聴率

かなりシリアスな展開が予想される「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」。

登場人物それぞれに複雑な過去や背負っているものがありそうで、

巨悪に立ち向かうというストーリーの他に、

壮絶な人間ドラマが描かれていきそうで楽しみです。

 

そして先日放送された1話の視聴率は…

 

 

13.8%!

 

 

なかなかの高視聴率。

上々のスタートといえそうですが、

この勢いを2話以降維持していけるかに注目ですね。

2話も楽しみです。

 

スポンサーリンク




 - CRISIS クライシス , , , , ,