ドラマ視聴率&あらすじ まとめサイト

様々なドラマの視聴率やあらすじをまとめていきます。 「あのドラマの視聴率は?」という時に…。

*

「貴族探偵」7話の視聴率とあらすじネタバレは?

      2017/08/12

貴族探偵 視聴率

相葉雅紀さんが主演を務める月9ドラマ「貴族探偵」の7話が、

5月29日に放送されました。

 

未だその素性が全く見えてこない貴族探偵ですが、

愛香(武井咲)の師匠でもある切子(井川遥)の死と、

何か関りがあるのではということが見えてきました。

しかしそれを知るには大きなリスクがあるようで…。

終盤に向けて面白くなってきました。

 

今回はこの「貴族探偵」について、

先日放送された7話と今までの視聴率と、

そのあらすじネタバレ情報などをまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク




 

 

「貴族探偵」7話のあらすじネタバレは?

貴族探偵 視聴率

2016年の3月、会社社長・都倉健一(小木茂光)が亡くなりました。

都倉が亡くなっていた書斎は密室状態で、

部屋の鍵は都倉の胸ポケットとカバンの中にありました。

睡眠薬を飲み、カッターで手首を切った様子が伺えたことから自殺と判断されました。

 

クライアントの一人である都倉が亡くなったとの知らせを受けて、

切子(井川遥)は都倉家を訪ねます。

家には部長の正津(堀部圭亮)と妻の光恵(広末涼子)

息子の忠仁(藤原季節)と娘の江梨子(唐田えりか)

秘書の真佐子(森口瑤子)がいました。

光恵は後妻で、忠仁と江梨子は前妻の子供だということです。

また、正津と真佐子はゴルフに同行するために前日から家に来ていたということでした。

 

切子は現場に来ていた鼻形(生瀬勝久)に、

都倉が無くなっていた部屋を見せてくれるよう頼みます。

切子はひとしきり部屋を見た後、

鼻形に向かって、

床にこぼれていた液体、

遺留品にある糸に残っている成分、

都倉の胸ポケットに穴があいていないかどうかを調べてくれるよう依頼します。

 

切子が正津から、犯行時刻が夜の1:00くらいだと話を聞いているところに、

突然田中(中山美穂)が現れて、貴族探偵(相葉雅紀)のテントへと案内されます。

切子と貴族探偵は顔見知りのようで、それぞれが事件の捜査に当たることに。

 

犯行時刻に家にいた人間に話を聞いていく切子。

忠仁と江梨子は、友人と一緒に映画を見ており、

正津は会社にいました。

光恵は23:00頃、真佐子は24:00頃に寝室にいたそうです。

しかし忠仁と江梨子は光恵を犯人だと思っているようで、

光恵よりも真佐子のことを慕っている様子でした。

真佐子は前妻が亡くなって以降、ずっと子供たちの世話をしてきたそうで、

内縁の妻として都倉に尽くしてきたそうですが、

ある日突然、光恵が現れて、都倉と付き合って半年で結婚することになったといいます。

 

また、前日に光恵と真佐子は同じカバンを持ってきたことで言い合いになり、

そのごたごたの中でカバンを取り違えてしまっていました。

それに気づいた真佐子は、都倉の部屋にカバンを置いておいたということです。

都倉の第一発見者も、朝、声を掛けにいった真佐子でした。

 

そこへ田中がやってきて、切子が鼻形に頼んだ調査の結果が知らされます。

床にこぼれていた液体はアルカリ性洗剤で、

意図はエアコンの正面の壁際に落ちていました。

また、切子の指摘通り、胸ポケットには小さな穴があいていたそうです。

その報告を聞いた切子は皆を集めて推理をし始めます。

 

切子の推理は、

まず、犯人が睡眠薬が入ったチョコを都倉に食べさせ、

眠りについた都倉の手首を切って殺害、

その後自分で睡眠薬を飲んだように偽装工作をし、

胸ポケットに糸を通して出入り口ドアの飾窓から外へ出しておきます。

そして外から鍵をかけ、鍵を糸に通して胸ポケットまで移し、

糸を抜くことで密室殺人となると…。

しかし、犯人が糸を回収するときに、

置物に引っかかったことで糸が切れてしまい、

犯人の唾液がついた糸が部屋に残ってしまいます。

そこで犯人は、水鉄砲にアルカリ性洗剤を入れて糸にかけ、

唾液の成分を分解、さらにそれを乾かすためにエアコンを30度にして

タイマーをかけておいたと言います。

 

しかし切子はここまでの推理を披露した後、

犯人は光恵か真佐子であるとして断定はしませんでした。

するとそこで光恵が立ち上がり、

「都倉は自殺したということにしてください」と言いました。

社長を身内が殺したことが世間に知られたら会社は終わりだと言う光恵。

 

 

そこで貴族探偵が出てきて、

山本(松重豊)に推理を促し、

山本は犯人は真佐子だと言いました。

真佐子は都倉を殺害した後、カバンが光恵のものと入れ替わっていることに気付き、

鍵を開けて部屋にカバンを置きに戻ります。

しかしそこで欲の出た真佐子は、

犯人を光恵に仕立て上げるために、

カバンに入っていた口紅を切れた糸につけ、

外に出て鍵をかけた後、同じ方法でバッグに鍵を戻したのでした。

真佐子は光恵が現れて、都倉に捨てられたことが許せなかったようです。

 

落ち着いた後、貴族探偵のテントで切子と貴族探偵が話していました。

切子は自分の手帳に書いたものを破って貴族探偵に見せ尋ねます。

「この名前に見覚えは?」

その質問に答えない貴族探偵。

貴族探偵が一人になると

「彼女のことはお前に任す。確実に殺せ、鈴木(仲間由紀恵)」と言いました。

貴族探偵の後ろから一人の女性が出てきました。

 

愛香(武井咲)は切子の手帳を見ていました。

敗れたページの次のページに切子の筆跡が残っています。

その文字を鉛筆で浮き上がらせると、

そこには「政宗是正」という名前が。

愛香はすぐにGiriに確認しますが、

Giriは「それにはお答えできません」と答えるのでした…。

 

1話あらすじ

2話あらすじ

3話あらすじ

4話あらすじ

5話あらすじ

6話あらすじ

 

スポンサーリンク




 

 

「貴族探偵」7話と今までの視聴率は?

貴族探偵 視聴率

ここからは「貴族探偵」の視聴率についてです。

まずは今までの視聴率から。

 

1話 11.8%

2話 8.3%

3話 9.1%

4話 8.9%

5話 8.0%

6話 7.5%

 

6話でついに7%台となってしまいましたが、

果たして7話の視聴率は…

 

 

7.8%!

 

 

依然厳しい状況ですね。

仲間由紀恵さんの登場で巻き返しはあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク




 

 - 貴族探偵 , , , ,