ドラマ視聴率&あらすじ まとめサイト

様々なドラマの視聴率やあらすじをまとめていきます。 「あのドラマの視聴率は?」という時に…。

*

「小さな巨人」2話の視聴率は?あらすじとネタバレも!

   

小さな巨人 視聴率

長谷川博己さん、香川照之さんらが出演するドラマ

「小さな巨人」2話が、4月23日に放送されました。

「半沢直樹」的なテイストではあるものの、

今期のドラマではかなり面白いドラマの一つだと思って見ています。

何かと腹黒い捜査一課長の香川照之に一泡吹かせることはできるのでしょうかね…。

 

ここからはこの「小さな巨人」について、

先日放送された2話の視聴率と、

そのあらすじネタバレ情報をまとめていきたいと思います。

 

スポンサーリンク




 

 

「小さな巨人」2話のあらすじとネタバレ!

小さな巨人 視聴率

たった一つのミスで、捜査一課係長だった香坂(長谷川博己)は左遷され、

芝署に行くことになってしまいます。

そこで起きたゴーンバンク社長の中田和正(桂文枝)の誘拐事件。

事件は無事解決したものの、それで終わりではないと睨んだ香坂は、

渡部(安田顕)と引き続き捜査に当たっていました。

 

その後中田社長は、誘拐犯に屈しなかった英雄として祭り上げられ、

新事業への注目もうなぎ上りになっているようでした。

中田社長を誘拐した犯人逮捕のことで処分が予想されていた香坂でしたが、

何故かそれについては触れられることなく問題なしということに。

小野田(香川照之)の意向が働いているようです…。

 

今後の捜査について悩んでいる様子の香坂でしたが、

妻から「やりたいことをやれ」と発破をかけられ、

引き続き捜査をしていくことを心に決めるのでした。

 

自殺とされた風見京子は、

ゴーンバンクに自身が開発したシステムを盗まれたのではないかと考える香坂は、

その情報を捜査二課に流そうと考えますが、

署長の三笠(春風亭昇太)からは待ったをかけられてしまいます。

その後、ナカタエレクトロニクスの監視システムを担当している

池沢(吉田羊)に話を聞きに行った香坂たち。

最新のカメラ技術と顔認証のシステムから、

風見京子が、事件当日屋上へ向かって言った映像を確認します。

データからも、事件当時、ビル内には風見京子しかいなかったことは明らか。

しかし香坂は、一緒に来ていた山田(岡田将生)に頭を下げ、

捜査二課を動かしてくれるように頼みます。

山田はその申し出をきっぱりと断ります…。

 

事件当日のデータは完ぺきに思えるものでしたが、

そのことに香坂は疑問を持ちます。

その後、ナカタエレクトロニクスに労働基準監督署の調査が入っていたことが分かり、

香坂はそこから出勤記録を取り寄せます。

すると、先に池沢から貰った記録では、事件当日の滞在者が風見京子一人であったのに対し、

今回取り寄せたものは二名で、池沢がいたことが明らかになりました。

風見京子は何者かによって殺されたのだという疑惑を深める香坂。

 

しかし確固たる証拠はなく状況は芳しくありません。

そんな時、山田が捜査二課が掴んだ情報を持って香坂の元を訪れ、

ゴーンバンクにインサイダー取引の疑惑があることを明らかにします。

さらに、その取引で大きな利益を得た投資家の名前のリストに、

池沢の名前もあったのでした。

 

再び池沢の元を訪れた香坂たち。

池沢は以前、死んだ風見京子の会社に勤めており、

京子からシステムの情報を引き出すことが難しいと考え、

池沢に声を掛けたようでした。

池沢には臓器移植が必要な子供がいて、

そのための費用を得るために犯罪に手を染めたのではと香坂は池沢に言います。

さらに、事件当日、風見京子が一人で屋上へあがる防犯カメラの映像に、

細工が施されていた事実が分かったことを話し、

それができたのは池沢以外にいないと話します。

 

観念したのか真相を語り始めた池沢。

風見京子を殺したのは自分ではなく、もう一人の人間がいたと話しますが、

その名前を聞く寸前に、中田(加藤晴彦)と弁護士が現れ、

池沢を連れていってしまいます。

 

すぐに逮捕状を取ろうとした香坂でしたが、

既に逮捕状は捜査一課が取り、池沢は捜査一課に逮捕されてしまっていました。

 

 

 

 

しかも香坂たちが聞いた池沢の話は逮捕後覆され、

自分が風見京子を屋上から突き落としたと言っているということでした。

どうやら弁護士が裏で手を回し、

破格の条件で池沢を丸め込んだようです。

 

香坂は山田に向かって、

警察組織を変えるために、山田とは違う方法で上を目指すというのでした…。

 

「小さな巨人」2話の視聴率は?

小さな巨人 視聴率

腹黒い人というか、悪い人というのがはっきり分かる構図で、

彼らをどうやってぎゃふんと言わせるのか、

視聴者としては非常に分かりやすいストーリーとなっていますね。

土下座とまではいかなくても、

小野田があたふたするシーンを期待してこれからも見ていきたいですね。

 

そして気になる視聴率について。

1話の視聴率は13.7%とまずまずのスタートとなりました。

そして2話の視聴率は…

 

 

13.0%!

 

 

1話よりは少し下がりましたが、

大きく視聴率を落とすということにはなりませんでした。

これくらいで推移していければいいですね。

 

スポンサーリンク




 

 - 小さな巨人 , , , ,