ドラマ視聴率&あらすじ まとめサイト

様々なドラマの視聴率やあらすじをまとめていきます。 「あのドラマの視聴率は?」という時に…。

*

「黒革の手帖」6話の視聴率とあらすじネタバレは?窮地に追い込まれる元子!

   

黒革の手帖 視聴率

武井咲さんが主演を務める「黒革の手帖」の6話が放送されました。

他人を蹴落としてのし上がってきた元子でしたが、

多くの人たちの恨みを買いすぎたのか、

進む道に暗雲が立ち込め始めた6話でした。

今回はこのドラマの視聴率についてと、

先日放送された6話のあらすじネタバレ情報などを

まとめていきたいと思います。

 

視聴率のみ知りたいという方は、

↓の目次蘭の視聴率をクリックするとジャンプできます。

 

スポンサーリンク




 

 

「黒革の手帖」6話のあらすじネタバレは?

黒革の手帖 視聴率

銀座一のクラブ・ルダンを3億円で買うという契約を

長谷川(伊東四朗)と交わした元子(武井咲)

まずは手付金として5000万、残りは2週間後に支払いという形です。

また、契約を履行することができなかった場合、

違約金1億とカルネを譲渡するという契約になっていました。

 

カルネを1億円で売却し、橋田(高嶋政伸)から譲り受けた料亭梅村を2億円で売れば、

3億円は難なく用意できると考えていた元子でしたが、

売却を依頼していた不動産屋から、料亭梅村の名義が梅村キミに戻っているとの連絡が…。

すぐに確認してみると”錯誤による抹消”ということで、

橋田への契約自体がなかったことにされており、話自体がなかったことになっているようでした。

元子は橋田の元を尋ね真偽を確かめます。

しらばっくれる橋田に、訴えると迫る元子でしたが、

逆に色々調べられるとヤバくなるのは自分ではないかと開き直られてしまいます。

橋田はある人からアドバイスを受けたと元子に話します。

それでも引き下がらない元子は、寄付金リストのデータを持ち出しますが、

実はそのデータを橋田から盗み出したすみ江(内藤理沙)は橋田側の人間になっており、

元子は嘘のデータを掴まされていたのです。

橋田は元子に「君は被害者じゃなくて加害者だ。

金を払えば人の心も自由になると思いあがった君に天罰が下った」と言い放ちます。

さらに橋田は、自分の女になれば望むとおりにしてやると元子に提案をしますが、

元子はその提案をすぐに断ります。

元子は黒革の手帖に書かれた借名口座のことを話しますが、

橋田はそれにも慌てることなく、そんなものがあるなら持ってきてくれと意味深な発言をするのでした。

 

元子が家に帰ると、何者かによって家の中が荒らされ、

鍵付きの引き出しの中にしまってあった黒革の手帖が盗まれていました。

警察を呼ぶものの、黒革の手帖が重要なものだったとは証言できない元子。

これによって、ルダン購入のためのお金の用意が難しくなった元子は、

長谷川に連絡を取ろうとしますが、全く連絡が取れない状況が続きます。

仕方なく元子は安島(江口洋介)の元を尋ね、

長谷川に合わせてほしいと頭を下げます。

長谷川は無理だと言いつつも、何とかしてみると約束するのでした。

 

後日、安島が長谷川の元を尋ねると、

入れ違いで楢林(奥田瑛二)が出てきます。

楢林は「女難の相が出ている」と安島に告げて帰っていきました。

その後、安島は長谷川に会い、元子のことを何とかしてくれないかと話しますが、

「契約は絶対に守らなくてはならない約束だ」と取り付く島もない長谷川。

安島は週刊誌が長谷川のことを調べていることを引き合いに出して説得を試みますが、

長谷川は安島が自分を脅して元子のことを何とかしようとしていることはお見通しなのでした。

 

…夜、カルネに安島がやってきます。

ルダンの契約はなしになり、違約金5000万もなしになったと話す安島。

そして、元子の素性を調べた長谷川は、

元子が何をしてのし上がってきたのか全て知っていました。

料亭梅村の件などの黒幕は長谷川だったのです。

安島は「銀座で今後もやっていきたいなら長谷川には逆らうな」と忠告し、

また、契約を白紙にする条件として、今後元子とは会わないことになったと話します。

「元気で」とカルネを出ていこうとする安島を、

元子が引き止めてキスをし、二人はそのまま元子の家で朝まで過ごしました。

 

その後、1ヶ月が過ぎても、カルネは何事もなかったかのように営業を続けていました。

そこへ突然、村井(滝藤賢一)が現れ、

自分がカルネの支配人となったことを元子に告げます。

長谷川会長の子会社に転職した村井は、長谷川の指示で今回の仕事を請け負うことになったようです。

契約と違約金はなしになりましたが、カルネを譲渡するという契約はなしにはなっていなかったのです。

そして、村井が元子に変わるカルネのママとして紹介したのは、何と波子(仲里依紗)

村井と波子は元子の前で笑いが止まらない様子です。

 

その頃、とある場所では長谷川と橋田、楢林の3人が会食をしていました。

長谷川の手には元子の黒革の手帖がありました…。

 

スポンサーリンク




 

 

「黒革の手帖」6話とここまでの視聴率は?

黒革の手帖 視聴率

他人を蹴落としてのし上がっていた元子の人生、

やはり因果応報というか、大きなしっぺ返しが待っていましたね。

ここから元子の逆襲はあるのでしょうか?

7話では大きな動きがありそうです。

そしてここからは「黒革の手帖」の視聴率について。

まずは過去の視聴率のおさらいです。

 

1話 11.7%

2話 12.3%

3話 10.9%

4話 10.7%

5話 10.4%

 

3話以降視聴率が下降気味なのが気になるところですが、

果たして6話の視聴率は…

 

 

10.1%!

 

 

何とか二ケタは死守しましたが、

また前回より少し視聴率を下げてしまいました。

このまま二ケタを維持できるかどうか、次回は正念場となりそうです。

 

スポンサーリンク




 - 黒革の手帖 , ,