ドラマ視聴率&あらすじ まとめサイト

様々なドラマの視聴率やあらすじをまとめていきます。 「あのドラマの視聴率は?」という時に…。

*

「ごめん愛してる」8話の視聴率とあらすじネタバレは?凜華が律に告白!

   

ごめん愛してる 視聴率

日曜劇場「ごめん愛してる」の8話が放送されました。

確実に死期が迫る律に、何も知らない凜華が告白しました。

辛すぎてみていられない!という視聴者の方もいるみたいですが、

今回はこのドラマの視聴率と、

先日放送された8話のあらすじネタバレ情報などをまとめていきたいと思います。

 

ネタバレしたくないという方は、

↓の目次蘭の視聴率をクリックするとジャンプできます。

 

スポンサーリンク




 

 

「ごめん愛してる」8話のあらすじネタバレは?

ごめん愛してる 視聴率

雨宿りをしていた律(長瀬智也)凜華(吉岡里帆)

そこで凜華は「律が好き」と告白をしてキスをしました。

しかし律の答えは「俺はお前が好きじゃない、女と思っちゃいない」というものでした。

「そうだよね…」とつぶやいた凜華は「忘れて」と努めて明るく振舞おうとしますが、

そんな凜華にそれ以上何も言うことができなかった律でした。

 

その後、サトル(坂口健太郎)の家にご飯を作りに行った凜華。

サトルも一緒に手伝いをしてくれて、

サトルは凜華に「またピアノ弾けるかな?」と尋ねました。

凜華は大丈夫だと答えましたが、

実は医者からは無理だと言われていて、常に安静にしていることを求められていました。

 

一方、律は若菜(池脇千鶴)のところに帰ってきていました。

そんな律に、ピョンチョル(成河)から連絡が入ります。

ラン(イ・スヒョク)が撃たれ重傷だということで、

日本に来ているというピョンチョルに話を聞きに行く律。

そこで戻ってランの報復をするように声を掛けられ、

さらにランが律の手術ができると言っている医者を探し当てたと告げられます。

律は急いで凜華に会いに走りますが、

サトルの世話をかいがいしくする凜華を見て思わず隠れてしまい、声を掛けることができませんでした。

その後、住み込みでサトルの世話をすることになった凜華。

夜になると凜華の部屋にサトルがやってきて一緒に寝ようと言ってきます。

しかし凜華は律のことが気になっていて、律が寝た後に一人で外に出て律がいる家までいってしまいます。

そこで律とビョンチョルが話しているところを見てしまう凜華。

 

次の日の朝、サトルと凜華、麗子(大竹しのぶ)の三人でご飯を食べていると、

恒夫(中村梅雀)も含めて四人で旅行に行かないかと麗子が提案します。

その後、麗子は凜華にこっそりサトルとの結婚を勧めますが、

「変なこと言わないでください」とはぐらかそうとする凜華。

そんな二人のやり取りをサトルは聞いてしまっていました。

その後、サトルと凜華は病院へいきます。

凜華が受付に行っている間に、サトルが凜華のスマホをのぞき見すると、

そこには律と一緒に楽しそうに笑う凜華の姿がありました。

サトルは診察が終わると、凜華に先に帰ってとメールをしてどこかへ行ってしまいました。

 

一方、律は病院で手術ができると言われたことを相談していました。

しかしその医者はこれは怪しいと言うのでした。

律が直接ランに電話をすると、ランは何事もなかったように電話に出て、

ピョンチョルの嘘だったことが分かりました。

しかしその途中、律は激しい頭痛に襲われ、歩道橋の上で倒れてしまいます。

そこに偶然通りかかったのは塔子(大西礼芳)でした。

二人はとあるバーに行き、そこで律は、組のために命を投げ出す覚悟だということを話します。

「俺の生まれてきた意味は何なんだ」という律の問いに、

「知らない、それが分かったら幸せだよね」と答える塔子。

 

一人で病院から帰ったサトルは、その足で若菜の家を尋ねました。

家に上がってお茶を飲んでいると、そこにピョンチョルがやってきて居座ります。

サトルが律の知り合いだと知ったピョンチョルは、

サトルに律の体の状態を話すのでした。

その後、家に帰ってきたサトルに、心配したと話す凜華。

「リュウさんと僕とどっちが大事?」と尋ねたサトルは、

自分は凜華のことが一番好きだと言って凜華を抱きしめました。

 

夜になって、凜華は一人で以前律といった屋台に行きました。

飲んでそのまま寝てしまった凜華の前に律がやってきます。

律が凜華をおんぶして歩いていると、途中で凜華が目を覚まします。

「どこに帰りたい?」と尋ねる律。

「ここがいい、ずっとここにいる」と答えた凜華は、

律が韓国に行くことを聞いて、

「律のことをみんな大事に思っているからやめなよ」と思いとどまらせるように言いました。

サトルの家の前で凜華をおろす律。

凜華が泣き出してしまったので、笑えと言って無理やり笑顔にさせ

「ずっと笑っていろよ」と言って律は帰っていきました。

そんな二人の様子を窓から見ていたサトル。

 

次の日、サトルの提案で、家族で行く旅行の行き先はブルガリアに決まりました。

後日、準備をして空港へ向かう律。

同じ日にサトルたちもブルガリアに旅立つ予定で空港を訪れていました。

凜華が両替に行こうと席を立つと、視線の先には律の姿がが…。

立ち尽くす凜華に「どうしたの?」と声を掛けるサトル。

凜華は「ごめんねサトル」と言うと、急いで律の後を追いかけました。

 

律を捕まえて「行かないで、どうしても行くなら私も行く」と話し、

「何があっても律のこと守るから」と言いますが、

律は無理だと答えます。

凜華のことは守れないし何もしてあげられないと続け、一緒にいても無駄だと律が言うと、

凜華の後を追ってきたサトルが近くで倒れてしまいます。

かなり危ない状況に陥ってしまったサトルに、

自分の心臓を移植してくれと医師に懇願する麗子。

律も近くでそんな麗子の様子を見ていました。

 

凜華は責任を感じて頭を抱えていました。

そんな凜華の腕を掴んで連れ出す律。

「大丈夫だ、俺が死なせない」と話す律ですが、

凜華は律がなぜそんなことを言いきれるのか理解できません。

 

「俺の心臓をあげてあいつを助けてやる」と律は言いました…。

 

スポンサーリンク




 

 

「ごめん愛してる」8話とここまでの視聴率は?

ごめん愛してる 視聴率

ここからは「ごめん愛してる」の視聴率についてです。

まずは過去の視聴率の一覧から。

 

1話 9.8%

2話 10.0%

3話 9.5%

4話 9.2%

5話 9.4%

6話 9.5%

7話 8.0%

 

7話で少し視聴率を落としてしまいましたが、

果たして8話の視聴率は…

 

 

9.2%!

 

 

再び視聴率9%台に回復です。

ラストに向けてもう一度視聴率二ケタに乗せられるといいですね。

 

スポンサーリンク




 - ごめん、愛してる , ,