ドラマ視聴率&あらすじ まとめサイト

様々なドラマの視聴率やあらすじをまとめていきます。 「あのドラマの視聴率は?」という時に…。

*

「ごめん愛してる」7話の視聴率とあらすじネタバレは?サトルの命は?

   

ごめん愛してる 視聴率

長瀬智也さん、吉岡里帆さんらが出演するドラマ

「ごめん愛してる」の7話が放送されました。

今回はこのドラマの視聴率と、

放送されたばかりの7話のあらすじネタバレ情報などを

まとめていきたいと思います。

 

ネタバレしたくないという方は、

↓の目次蘭の視聴率をクリックするとジャンプできます。

 

スポンサーリンク




 

 

「ごめん愛してる」7話のあらすじネタバレは?

ごめん愛してる 視聴率

車で事故を起こしたサトル(坂口健太郎)

一命はとりとめたものの予断を許さない状況で、

駆け付けた律(長瀬智也)凜華(吉岡里帆)にきつく当たってしまう麗子(大竹しのぶ)

律はサトルの運転手のクビを宣告され、

さらに律と凜華がずっと一緒だったことを知った麗子は怒りをみせました。

その後、律は病院に脳外科があることに気付き、

自身の脳の状態を診てもらうことに。

 

そして家に帰った律は魚(大智)を外に連れ出し、

自分の通帳と印鑑を魚に渡し、何かあったらこれを使うように伝えました。

 

数日たっても目を覚まさないサトルに、麗子はつきっきりで看病に当たっていました。

すると、サトルが「凜華」と一言だけ言葉を発します。

麗子は凜華にサトルの傍にいるように伝え、凜華はサトルの手を取ってずっと見守っていました。

一方、律は魚に早めの誕生日プレゼントをたくさん買ってきていました。

しかし当の魚は律がどこかに行ってしまうと不安そう…。

律はそんな魚に、お前が若菜(池脇千鶴)を守るんだと伝えました。

律の症状は確実に進んできている様子です…。

 

律はサトルが入院している病院へとやってきました。

そこで心臓の状態が芳しくなく、将来的に移植が必要になるかもしれないという話を聞きます。

律は凜華を外に連れ出し、ご飯を食べるよう促します。

サトルからの着信に気付くことができなかったことを後悔している凜華でしたが、

何とかご飯を食べて病院に戻ります。

そして、ようやくサトルが目を覚まします。

凜華の呼びかけに答えたサトルを見て、先生を呼びに行こうとする凜華をサトルが引き止めます。

凜華が傍にいてくれたことはずっと感じていたというサトル。

 

サトルが目を覚ましてから数日後、リハビリが開始され、

そこでサトルは凜華への正直な気持ちを話し始めます。

「どこにも行かないでほしい。凜華が一番大事だってようやくわかった。

馬鹿で鈍感だった。今まで一杯傷つけてごめん…」

サトルが凜華を抱きしめ、その様子を零子が遠くから見ていました。

 

しばらくしてサトルの退院の日が決まります。

しかしサトルの心臓は弱っていて、次に発作が起きたら危ないと言われます。

凜華は麗子から、サトルのことを受け入れてほしいと言われていました。

サトルの退院の日には律も来ていましたが、

サトルの前には姿を見せずに立ち去っていきました。

そんな律に気付いた凜華は、律の後を追って一緒にバスに乗り込みます。

2人がバスを降りると外は凄い雨で、お店の前で雨宿りをすることに。

「こっち向いて律」と声を掛ける凜華。

凜華は律に「私、律が好きだよ。

一緒にいて心から笑えるのは律と一緒にいるとき。好きだよ」と告白して、

律にキスをしました。

しかし律は

「ごめんなぼけちん。

俺はお前が好きじゃないんだ」と答えるのでした…。

 

スポンサーリンク




 

 

「ごめん愛してる」7話と今までの視聴率は?

ごめん愛してる 視聴率

確実に死期が迫る律ですが、

凜華への思いは心にしまって旅立とうとしているのでしょうか。

凜華への気持ちにはっきりと気付いたサトルと三角関係になっていくんでしょうかね。

ここからはそんな「ごめん愛してる」の視聴率についてまとめていきます。

まずはここまでの視聴率を振り返っていきましょう。

 

1話 9.8%

2話 10.0%

3話 9.5%

4話 9.2%

5話 9.4%

6話 9.5%

 

なかなか視聴率二ケタには届きませんが、

9%台で安定はしているような印象です。

そして7話の視聴率は…

 

 

8.0%!

 

 

ここで最低視聴率を更新してしまいました。

この日は裏番組で、24時間テレビのマラソン後の番組がありましたから、

そちらに流れていた人もいたかもしれませんね。

8話での巻き返しに期待したいです。

 

スポンサーリンク




 - ごめん、愛してる , ,