ドラマ視聴率&あらすじ まとめサイト

様々なドラマの視聴率やあらすじをまとめていきます。 「あのドラマの視聴率は?」という時に…。

*

「僕たちがやりました」8話の視聴率とあらすじネタバレは?衝撃のラストに!?

   

僕たちがやりました 視聴率

窪田正孝さんらが出演するドラマ「僕たちがやりました」の8話が、

9月5日に放送されました。

普通の生活に戻ることができたトビオたちですが、

やはりそれぞれが罪の意識と向き合っていかなくてはならないようです。

今回はこのドラマの視聴率と、

先日放送された8話のあらすじネタバレ情報をまとめていきたいと思います。

 

ネタバレしたくないという方は、

↓の目次蘭の視聴率をクリックするとジャンプできます。

 

スポンサーリンク




 

 

「僕たちがやりました」8話のあらすじネタバレ!

僕たちがやりました 視聴率

蓮子(永野芽郁)と付き合うことになったトビオ(窪田正孝)は、

幸せを感じる反面、一生苦しめと言った飯室(三浦翔平)の言葉が頭をよぎります。

デート中、蓮子は市橋(新田真剣佑)から告白されキスされたことをトビオに話し、

今回のことをどのように市橋に話すべきか悩んでいるようでした。

そんな蓮子に、自分で話すと伝えるトビオ。

 

一方、市橋は改めて、

リハビリをしても元のように歩けることはないという非常な通告を受けていました。

そしてさらに市橋に追い打ちをかけるような出来事が…。

トビオが市橋の元を訪れると、市橋の唯一の家族で会った祖母が亡くなったことを聞かされ、

トビオは何も言葉をかけることができず、蓮子とのことも言えないままその場をあとにするのでした。

マル(葉山奨之)は闇討ちされた人物への復讐を誓い、

パイセン(今野浩喜)菜摘(水川あさみ)に父親のことが分かったと話していました。

伊佐美(間宮祥太朗)は爆破事件で亡くなった生徒たちの家をすべて周り、

心新たに今宵(川栄李奈)の家へ。

しかしそこに今宵の父親が現れ、さらに今宵から子供ができたことを告げられる伊佐美。

産むと言い張る今宵と縁を切ると言って父親が出ていくと、

今宵は伊佐美に別れを告げるのでした。

 

パイセンは父親である輪島(古田新太)を見つけ、輪島の前に飛び出します。

名前を名乗り、なぜ事件をもみ消したのか、自分のことをどう思っているかを尋ねます。

しかし当の和島はパイセンを見て「誰これ?」という始末。

横にいた弁護士の西塚(板尾創路)から話を聞くも、

爆破事件のことなど全く知らない様子です。

そしてパイセンは、輪島の13番目の愛人・咲江の子供だということが分かります。

しかし輪島は、生まれてきたパイセンの顔が不細工だったということを理由に、

段々と咲江と会わなくなり、間もなく咲江は亡くなってしまったのでした。

それでも咲江の息子ということで、西塚が今でもパイセンにお金を送ってくれていると。

パイセンは唖然としながらも、

「あんたのせいでこんな人間になってしまった、金はもういい。

愛を知らない俺に生きている価値なんか…」と言いかけると、

輪島は「じゃあ死ぬか?」と言って、

横にいた2番目の愛人の息子にパイセンを始末するよう命じます。

しかしそれを聞いたパイセンはすぐに土下座をして命乞いをし、

「産んでいただいてありがとうございます」と言いました。

パイセンは見逃してもらうことができ、輪島がその場から立ち去ろうとすると、

物陰から突然菜摘が現れ、輪島に包丁を突きたてました。

しかし輪島の胸ポケットに入っていた札束によって、傷を負わせることはできませんでした…。

 

その頃、トビオは市橋とボーリングなどをして遊び歩いていました。

散々遊んで市橋が病院に戻ってスマホを見ると、そこにはトビオからの動画が。

動画の中でトビオは、市橋と友達になれて本当に良かったと思っていると話し、

お前は絶対幸せになれと市橋に大声でエールを送っていました。

市橋が「いるんだろ、いいたいことがあるなら顔見て言え」と外に向かって声を掛けます。

そこにはトビオがいました。

市橋に蓮子と付き合っていることを打ち明けたトビオ。

それを聞いた市橋が拳を振り上げると、

おめでとうと言って笑顔を見せるのでした。

 

市橋と別れたトビオは蓮子に電話で市橋とのことを報告していました。

それから二人で会うことになりました。

その頃、伊佐美は今宵の家の前で今宵の帰りを待っていました。

真面目に働くからと話す伊佐美に、

「犯罪者の子って言われないように一人で育てる」と告げる今宵。

いつも伊佐美の傍にいた今宵は、爆破事件の犯人が伊佐美たちであることに気付いていたのです。

一人で橋の上に来た伊佐美は「このままじゃだめだ。きれいになりたい」とつぶやくのでした。

 

蓮子との電話を終えて、トビオが病院をあとにしようとすると、

市橋から動画メッセージが届きました。

市橋もまた、トビオと友達になれてよかったと話し、

もう終わりにするわと言いました。

「誰も恨んではいないけど、希望がゼロになった。

お前も幸せになれよ」と言った市橋は、

動画の中でトビオにエールを送ると、

最後に「蓮子のことを幸せにしろよ」と言いました。

その直後、トビオの後ろから聞こえてきた大きな何かが地面に落ちた音。

トビオが後ろを振り返ると、そこには血を流した市橋が倒れていました…。

 

スポンサーリンク




 

 

「僕たちがやりました」8話&過去の視聴率は?

僕たちがやりました 視聴率

ラストは衝撃的な展開でしたね。

それぞれが事件から逃げられないような状況になってきましたが、

果たして4人はどのような決断を下すのでしょうか…。

 

そしてここからは「僕たちがやりました」の視聴率についてです。

まずはこれまでの視聴率のおさらい。

 

1話 7.9%

2話 6.5%

3話 6.6%

4話 5.8%

5話 5.4%

6話 5.2%

7話 5.4%

 

4話以降はずっと視聴率5%台と厳しい数字が並んでいます。

そして先日放送された8話の視聴率は…

 

 

5.2%!

 

 

最低視聴率タイという結果に。

最終回に向けての盛り上がりはあるのでしょうか。

 

スポンサーリンク




 - 僕たちがやりました , ,